スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★大晦日の打ち合わせ。 

 来月の話と来年の話。

【今日の鷹さん】
 御徒町でぐりあんと合流。
 喫茶店に入り、冬コミのチケット渡したり同人活動の打ち合わせしたり。その後は雑談。主に来年のアレ。アレじゃわからんか。アレだよアレ。

 その後アメ横を冷やかす。旅行かばんを物色したりなどして解散。アキバうろついて帰る。
スポンサーサイト

★第五回台湾旅行記 二日目(2)。 

 ま、話やブログのネタにはなるけど。

【今日の鷹さん】
 11時半からのランチ開始に間に合わせたいので、タクシーを奢る。
 向かったのは「蓮香齋」。素食(ベジタブル)料理で有名な店。
 素食でありながら肉や魚に似せた料理が絶品とのことでガイドブックにもよく(素食目当てのお坊さんの写真とともに)載っている。ぐりあんが台湾コーヒーと同じくらい期待しまくりだったのだが……。

 CIMG0057.jpg
 CIMG0058.jpg
 CIMG0059.jpg

 うーん。確かに酢豚っぽいのやシュウマイや春巻や刺身っぽいコンニャクや(写してないけど)うなぎもどきとか、どれもベジタブルと考えると結構凄いのだが……まずくはないが驚くほど美味しくはない。たぶん自分がベジタリアンではないから、「野菜でこの味!」と言われても嬉しくないのかもしれない。1人770NT$(3円計算で2300円ほど)という食べ放題とはいえお高い価格を加味すると……次はないな。梁家嘉義鶏肉飯(前回の旅行で昼飯に行った、リンクワールドホテルの横のほうにあった食堂)なら1/4も出せば腹いっぱい食えるし。

 蓮香齋の前で再度タクシーをとっ捕まえて、「台北の電気街」光華數位新天地(いわゆる光華商場)へ。

 CIMG0060.jpg

 中は本当の秋葉原くらいには混んでるので写してません(笑)。コミックスやDVDを見て回りつつ、いったん解散に。ぐりあんは何か目的があったようだが、自分は体力がちょっと限界っぽかったので一旦ホテルに戻り、シャワー浴びて寝っころがると……むぅ、小一時間ほど寝てしまった(笑)。ただ、この睡眠で体力が自分でわかるほど回復。ホテルを出て台北車站前を冷やかした後、晩飯のために永康街へ。

 少し早く到着したので、永康街を歩いて冷やかす。この辺りは「鼎泰豐」しか入ったことがないので(偏ってるなぁ)今回はじめてじっくり歩いてみたが……ま、普通の繁華街やね。小籠包のもう一方の雄・高記やお茶の沁園茶荘なんかは流石にそれなりの雰囲気を感じた。移転してしまったマンゴーカキ氷の「永康15」跡が寒々しかった。

 ほどなくぐりあんと再合流して、今回の小籠包は「金鶏園」。安い! 美味い! 地味! と三拍子そろっていて口コミも良かったので、ここに関しては自分の我を通してやってきた次第。とはいえ前回の京鼎楼の例もあるので「万が一だめぽだったら、ま、高記なり鼎泰豐で口直しを」と言ってたのだが……。

 CIMG0062.jpg
 CIMG0063.jpg

「うめぇー! マジうめぇー!」
「でけぇ! 他の店の1.5倍くらいの大きさあるぞ!」
「あちぃ! 中の肉汁あちぃ! うめぇ!」
「8個入りって聞いてたけど騙された! 1蒸籠だと他所の店より多いわ!」

 ……大変美味しゅうございました。小籠包を二籠、蟹入り小籠包を一籠、野菜餃子を一籠頼んだのですが腹いっぱい。小籠包は大味どころか肉汁たっぷりタイプでマジうめぇ。繊細さという点では鼎泰豐のほうが勝りますが、値段とボリュームで五分以上。つか、個人的にはこっちのほうが好みかも。ただ、難を言えば一籠に一個程度、破けてたのか肉汁が抜けてるやつ(これは美味しくない)があったのですが許容範囲。美味すぎて全部食うまで写真撮るの忘れてたくらいです。

 CIMG0065.jpg

 腹いっぱいでさてどうしよう、とりあえず永康街を出よう、もう一回光華商場行きたい、バス停はどこじゃ、などと歩いていると道の向こうに東京スカイツリー……ぢゃなくて台北101を発見。

 CIMG0066.jpg

 とはいえ台北101に行こうかという話にはならず、それらしいバスを捕まえて(でも行き先が違った様子)どうにかこうにか乗り継いで再度光華商場へ行く。本屋を中心にいろいろ見物しなおしてホテルへ。いよいよ明日は台中ということで、ちょい早めに休む。

★第五回台湾旅行記 二日目(1)。 

 どんどんいくよー。

【昨日の鷹さん】
 成田空港のラウンジで「やっぱり国軍歴史文物館行きたいんで、これ日曜は開いてないから台中行きは日曜でいい?」とぐりあん。反対する理由もないので賛同する。

【今日の鷹さん】
 例によって朝食は阜杭豆漿。
 ちょっと出遅れたわりには前回ほど混んでおらず、比較的スムーズに購入できた。

 CIMG0042.jpg
 CIMG0044.jpg

 相変わらず美味い! ただ、テーブルの立て付けが悪くうっかり揺らしてしまい自分とぐりあんの豆漿をトレイにこぼしてしまう惨事。すまぬ。ただ別に疲れてたわけではないぞ。

 MRTで西門町へ移動。国軍歴史文物館が開くまでは時間があるので、8時から開いている西門町の「蜂大咖啡」へ。台湾産のコーヒーを出すという情報があり、二人して興味を持ってやってきた次第。

 CIMG0045.jpg
 CIMG0048.jpg

 販売用の豆は売り切れだが、店頭提供分は残っていたので(台湾にしてはお高めの)150NT$の台湾コーヒーを注文。自分はあまり難しいことはわからないが、酸味が強めで美味しいということはわかる。味わって飲む。

 ところでぐりあんは「うめぇ、うめぇ」と二杯目を注文していたが彼の心臓のために止めるべきだったろうか……ま、自己責任つーことで(滝汗)。

 1956年創業とのことで、居心地というか雰囲気のいい喫茶店。朝飯はたっぷり食べたので今頼む気はないが、隣のテーブルのモーニングセットもボリュームあってよさげ。今後行きつけになりそうな予感(笑)。

 台湾産のコーヒーで必要以上にまったりした後、前回の旅行では入れそびれた「国軍歴史文物(博物)館」へ。

 CIMG0049.jpg
 CIMG0052.jpg
 CIMG0056.jpg

 比較的低年齢層の観覧者もターゲットにしているようで中にはチープなギミックもあったが、総じて真面目な展示。当時の武器や文書など興味を引くものもあり、台湾に来た際には2時間ほど割いてここを見るのも損はないと思う。翡翠の白菜よりは見てためになると思うぞ(余計な一言)。

 長くなったのでいったんここで区切り。その2へ。

★第五回台湾旅行記 初日(2)。 

 着いたー! さっそく「やらかす」。

【今日の鷹さん(2)】
 飛行機は無事台湾桃園国際空港へ到着。
 入国審査も順当にこなし、スマートフォン用の使い捨てSIMカードを購入……と思ったのだが、去年到着したターミナルと違うため場所がよくわからない。
 空港を文字通り左右いったりきたりして、ようやく中華電信のカウンターに到着。ここで「やらかす」。
 SIMカード購入に必要な、「パスポート以外の身元IDカード(ぶっちゃけ運転免許証で可)」を持ってきてない! やむなくぐりあんに代理購入してもらう。ぐりあんが購入したカードを使わせてもらうっつー形に。

 事前に台湾観光協会で入手しておいた「空港バス無料チケット」で国光バスのチケットをタダで入手、一時間ほどで台北車站(駅)へ到着。日本はなんだか梅雨のさなかで寒い日々がつづいていたが、台北はもうすっかり夏。むあっと熱気がたまらない。一種ここちいい。

 台北車站前からガラガラとカートを転がして七、八分(ちょっとバスの降り場が駅前から遠かった)で華華大飯店に到着、チェックイン。多少古さはあるがそこそこ広めのツインで清潔感がある。残念なのは(事前情報で知っていたが)ケーブルテレビのチャンネル数が少ない。以前の天成大飯店(コスモス)よりはマシだが、20ちょっとしかないのは無念。台湾はケーブルテレビが発達していて、アニメ(日本もの多し!)から現地のドラマからバラエティから市況から、多いところだと100チャンネルくらいは見られる。次はもっとチャンネル多いところ探すか?

 一息ついて士林夜市……の前に、軽い腹ごしらえということでホテルのまん前にある「老蔡水煎包」へ。ここは旨いという情報をGETしていたので、怪訝そうなぐりあんを引っ張り突撃。

 CIMG0028.jpg

 CIMG0027.jpg

 うん、大正解!
 鉄板で焼く肉まんっぽい感じの水煎包、皮はかりっとしてて具はジューシー。一個12NT$(36円)ならお値打ちだ。水煎包二個に冷えた豆漿、どちらもあっという間に頂いた。

 MRT(地下鉄)を使って新しく移転した士林夜市へ。

 CIMG0031.jpg
 CIMG0033.jpg

 雰囲気は悪くない。ただ、やっぱり地下なので天井が低いせいか閉塞感はちょっとだけある。
 ここでぐりあんが胡椒餅に突撃したので自分も一個購入したが、失敗。天下の士林夜市でも不味い店はあるのだという、いい勉強になった。

 その胡椒餅のせいで結構腹がふくれ、いつもの牛排(鉄板牛ステーキ)という気分に二人ともならず、入ったのがこの店。

 CIMG0035.jpg
 CIMG0036.jpg
 CIMG0037.jpg

 肝心の蚵仔煎(牡蠣いり卵オムレツ)はいまいちだったが、魯肉飯(肉そぼろ飯)が普通に美味しく、豆苗(青菜)炒めが絶妙に美味しかったのでよしとする。よしとする!

 デザートは鷹さんご推薦「阿忠冰店」。ここはマンゴーかき氷が秀逸なのだが鷹さんはあまりマンゴーが好きではないので、これ。

 CIMG0038.jpg

 氷は牛乳を凍らせたもので、小豆と練乳がかかっておまけにプリン(高いのではなくほぼプッチンプリン)が乗っかっている。あいかわらず旨い! 去年はここの食べ損ねたのでひときわ旨い気がする!

 このあとは地上に戻り、士林夜市全体をてくてく見て回る。何か買うというわけではないが楽しい。ぐりあんは明日以降使うというサブバックを購入していた。あと、帰りに「豪大大雞排」(ジャンボフライドチキン)を買って食べてたが……自分はさすがに無理。というかぐりあん、化け物か。病みあがりだろーが。

 本当だったら「苦茶之家」も行ってみたかったが、無理しないということでMRT乗ってホテルに戻る。ホテルのすぐ隣がセブンイレブンなので大いに助かる。ペットボトルのお茶(もちろん無糖)が旨い。

 明日はいつものアレで朝飯。朝早いなぁ……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。