スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★こんなところに図書館が!? 

 もっと早く気づけばよかった。

【今日の鷹さん】
 昼過ぎまで爆睡。ちょっとバテ気味な感じ。

 台湾関係の本が読みたくて、ちょっと図書館に行ってみようと思いつく。
 行きつけはセンター南駅の都築図書館なのだが、電車賃がかかる。
 ほかに近くの図書館は港北図書館と中原図書館なのだが、前者はやはり電車賃がかかるうえに品揃えが×。後者は定期区間内なので交通費はかからないが、川崎市の管轄なので市民以外はネット予約が出来ないのが難。品揃えも港北図書館よりマシといった程度。
 今の仕事の現場は渋谷なので渋谷駅周囲も候補に入るが、渋谷図書館は駅からかなり外れているのでパス。何度か行ってみたことあるが、ちょっと遠すぎる。

 ふと、「定期があるんだから渋谷~武蔵小杉間にいいところがあれば」と思って調べてみると……おお、中目黒駅徒歩1分の近場に目黒区立中目黒図書館がある。都内の図書館の場合、居住してたり通学通勤してたりしないと貸し出しできないところもあるのだが……目黒区は制限がない様子。さっそく出発。

 中目黒駅を降りて、「えーと、TSUTAYAの先かな」と思ったらなんとそれより手前のビルの地下。これは近い。たしかに徒歩1分。

 魚のイラストが描かれた貸出券(利用カード)を発行してもらう。なんで目黒区で魚、と思ったのだがどうやらこれは落語の「目黒のさんま」から来てる様子。まぁ、なんでも、いいですけれど。

 ビルの外観に反して結構古い感じの図書館。とはいえ品揃えはしっかりしていて雑誌や文庫の品揃えにも問題ない。旅行関係の書棚で台湾旅行関係の本を探すとめぐりがよかったのか大量に見つかる。借りたのは以下の四冊。

・わんわん台湾 ぶらぶらラブラブ夫婦旅
 イラスト入りのガイドブック。不味いところは不味い、ボラれたところはボラれたとしっかり書いていて良い。

・台北安くておいしい136店
 台北ウォーカー編のフルカラーガイドブック。料理の写真が豊富で腹が減る。行ったことあるのは「阜杭豆漿」「士林大香腸」「糖朝」だけ……。修行が足りん(笑)。

・台湾TODAY2010
 大判のガイドブック。こちらも台北ウォーカー全面協力。ねこ記事が良かった。

・台湾鉄道の旅完全ガイド
 未読。

 この中目黒駅前図書館、平日土曜は21:45まで開館している由。利用が増えそうだ。

スポンサーサイト

◆忘年会? ってもうあと半月かよ! 

 師走とはよくいったもんだ。

【今日の鷹さん】
 会社でお仕事。

 夕方から会社のクリスマスパーティとのことで(この現場、なかなかイベント好きの会社の様子)10分ほどてくてく歩いて海上へ。ざっと70~80人ぐらいか。いつもは今のチームが入っているフロアしか顔を出さないので、こんなにいるとは思わなんだ。

 ちょっと詰め込みすぎの感はあったが、お酒も料理も美味しゅうございました。ビールはサッポロだったし、洋酒やカクテルも充実してた。自分はラムコークとシャンディ・ガフぐらいしか飲んでないけど。

 ビンゴ大会はダブルどころか4重にリーチがかかったものの、結局最後までビンゴ達成ならず。そんなこったろうとは思ったよ(苦笑い)。

 帰りのコンビニで「号外!! 虚構新聞」を発見。いわゆる表紙が厚紙、カバーなしの安価なコンビニ単行本だがこの値段なら買いだ! 全部ウェブで見たネタだけど、お買い得感はあった。

◆偶には寄り道。 

 定期で途中下車。

【今日の鷹さん】
 もちろんお仕事。
 帰りに新宿駅で途中下車。ComicZinに寄って同人誌「エクストリームラブプラスどうでしょう東海道編」と「コピペ地獄変6」を購入……どんな組み合わせだ。まぁ電車内じゃどっちも読めない点は共通してるかも(笑)。

◆画面に! 画面に! 

 公共の電波で流していい電波なのか、これは。

【今日の萌える燃える三眼】
 Twitterで拾った情報
 クトゥルフ題材で、危ない小ネタ満載のこの作品。
 テレビ、それも地上派で放映していいもんだろうか。

【今日の鷹さん】
 G社担当さんにメールで疑問点を送り、その返事。
 う~む。解決はしたが、先は長いな。

 予約した本が来たとのことで、都筑図書館へ。
 借りた本は以下の通り。

 ・このライトノベルがすごい! 2010
 ・一個人 豪華寝台列車とローカル線の旅
 ・食べ物日記 鬼平誕生のころ(池波正太郎)
 ・楽楽 関西 4 大阪

 さて予約したのはどれでしょう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。