FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆面接と交通機関のマヒと。 

 疲れた……。

【今日の鷹さん】
 10時半に品川シーサイド駅で派遣会社C社の人と待ち合わせ。これまで担当のNさんから担当がYさんに変わった由、初顔合わせ。面接前にコーヒー飲みながら打ち合わせ。短期のスクリプトという話だったが、どうやら直前に中期の企画・仕様の案件も入ったのでそちらも面接とのこと。
 11時にオフィスに行き面接(第一陣)。もともと以前派遣で行ったことのある会社と同系列ということもあり、いつものような軽い緊張感なしに話せたのは何より。続いて第二陣の案件面接。個人的にはどちらも好感触ではあったが、果たして縁があるや否や。仕事切らしたくない(生活に関わる!)ので何とか通ってほしいもの。

 そのままりんかい線経由で池袋に出て出社。あと一週間程度だが、きっちりお仕事やりますですよ、はい。原作ものではあるのだが、原作のほうは色々と好調らしくて何より。

 退社後、池袋駅に行くと「目白駅で橋から物がどーたらこーたらで山手線も埼京線も湘南新宿ラインも死んでます」。振替乗車票を貰って副都心線で渋谷へ。

 渋谷駅「学芸大学~都立大学間でグモ人身事故。渋谷~武蔵小杉間死亡」あのなぁ。それじゃ山手線で目黒に出て目黒線……山手線も死んでるじゃねーか! やむなく渋谷→二子玉川→大岡山→(目黒線)→日吉と進むことに。

 大岡山で目黒線を待っていると「東急東横線運転再開」……死ね。池袋→日吉間に二時間かかったわ。も、寝る。
 
スポンサーサイト

◆またtbsか。 

 5万ヒット踏んだ人はご連絡を~。
 つか、自分で踏むのはイヤ。

☆オードリー春日、TBS番組で骨折事故(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 人気お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰さん(30)が、TBSの「オレたち!クイズMAN」(日曜午後8時)のロケ収録中に骨折事故を起こしていたことが20日、分かった。

 TBSによると、19日午後4時ごろ、神奈川県相模原市内で行われた番組のリハーサルで、春日さんがクレーン車からつるされたワイヤに引っ張られ、高さ約3メートル地点から地上に敷いていた厚さ約120センチのマットに着地したところ、その直後に左足の痛みを訴えた。番組スタッフの車で病院に搬送したところ、左足関節骨折と診断されたという(以下略)。

 またまたまたまたtbsか。
 不祥事と言えばtbs、tbsと言えば不祥事(励ましの言葉です)というぐらいのtbsですが、収録中の事故多すぎだろう。SASUKEとか。

【今日の鷹さん】
 先日ヤフオクで落札した品が届く。送料抜き3万円の高額商品。なにかというと、これ。

 株主優待乗車証。

 東急の株主優待乗車証。東急株を2万4000株以上持っていると半年に一度送られてくるらしい。
 東急線全線がこれ一枚で5月末日まで乗り放題。
 ちなみに最寄りの東急駅である日吉から渋谷まで、4ヶ月間定期で乗ろうとすると22630+7940で30570円。であるなら、4ヶ月間日吉→渋谷間の他にもすべて乗り放題できるこっちのほうが使い勝手がいい。

 というか4ヶ月+10日残りの東急電車全線乗車証が3万円即決というのはヤフオクやチケットショップ相場を考えると激安価格。今月上旬に横浜のチケットショップで同じものが「4万円」で出てたときは、買おうかどうか30分ほど悩んだぐらい(笑)。さて足は確保したし、明日あたり東急沿線あちこち回ってみようかしらん。
 

☆悪いのは? 

 誰?

☆<介助犬>JRが同伴拒否 受け入れ義務、職員理解せず

 千葉県市原市で介助犬と暮らす男性(48)が10月、JR鎌取駅(千葉市緑区)で新幹線の乗車券を買う際、介助犬の同伴を一時断られていたことが分かった。身体障害者補助犬法(02年施行)はすべての施設や交通機関に対し、介助犬や盲導犬の受け入れを義務付けているが、窓口職員は理解していなかったという。「日本介助犬協会」(本部・東京都)などは16日、同駅を所管するJR東日本に対し、再発防止を求める要望書を送付した。

 男性によると、同伴拒否があったのは先月20日。男性の妻(43)が同駅でJR名古屋駅までの新幹線の乗車券を求め、介助犬の同伴を伝えたところ、窓口職員に「(東海道新幹線を運行する)JR東海は盲導犬のみ同伴を許可しており、介助犬は認めていない。他の交通機関を利用してほしい」と拒まれた。妻は受け入れが法的義務であると説明したが理解されず、男性本人が電話で交渉。最終的に職員は誤りを認めたが、発券まで3時間以上かかったという(以下略)。

 さて、誰が悪いのか。
 介助犬と暮らす男性も、その妻……は悪くないだろう。当然のことを行ったまでだ(というかこの二人が悪いとか言い出すのは人外だろう)。
 窓口職員は悪いように見える。身体障害者補助犬法を理解せず、いらぬ手続きで発券に時間を費やした。
 ではJR東海は。
 JR東海は、もちろん今はきちんと介助犬の同伴を認めている。しかし。

☆身体障害者補助犬法☆

(前略)JR東海ではこれまで、介助犬や聴導犬を同伴する場合、ほかの客の迷惑にならないかどうか、一頭ずつ確認してから乗車を認めてきた。法案の成立で原則自由に乗車できることに。また、名古屋市の地下鉄や市バスに乗る場合も、これまで同市交通局の許可が必要だったが、許可を必要とせず、自由に乗車できるようになる(02年4月13日付『朝日新聞』夕刊-名古屋版)。

 JR東海は法案成立まで、介助犬の同伴は自分たちが勝手に決めていた。介助犬の良い悪いを判断していた時期があった。たまたま鎌取駅の窓口氏はこれを(運が悪いことにいつまでも)覚えていた、だけではなかろうか。

 すると一番悪いのは……?

☆月の光にお別れを。 

 ある程度覚悟はしていたが、寂しい。というか今頃気づいたのも悲しい。

☆ムーンライト九州、事前発表もなく姿消す : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 09/07/11

 JR九州と西日本が共同運行していた夜行の臨時快速列車「ムーンライト九州」(博多―新大阪)が10日、廃車処分され、姿を消した。

 乗客減で今春の運行が見送られ、鉄道ファンから復活を求める声が出ていたが、かなわなかった。若者を中心に重宝された長距離列車は、臨時列車ゆえに事前に発表されることもなく、静かに引退した(以下略)。

 春も夏も運行予定がなかったからある程度は覚悟していましたが、何の発表もなくいつのまにか廃車。なんだか独居老人の孤独死みたいな末路でがっかりです。JRは新幹線=増収としか考えてないんだろうなぁ。

 東海道を走るムーンライトながらが臨時に格下げされ、西日本方面の帰省繁忙期を支えてきたムーンライト九州もこのあtりさま。結局、廃止の原因は車両の老朽化(これは仕方ない)と格安のツアーバスに客を取られたからのようで。ツアーバスの片道が5000円からじゃ、18きっぷでも使えないと太刀打ちできませんから、時代の趨勢なのかなぁ。
 ムーンライト九州の場合、直流区間の西日本、交流区間の九州の両方を走る車両じゃないとダメってのも難だったかも。でもそれなら、京都・大阪~下関まででいいんで(かつてのムーンライト山陽パターン)残しておいてほしかったなぁ。

 あとJRは、これで客が新幹線に流れるとか考えてるなら大間違いだからな。

【今日の鷹さん】
 お仕事きついけどがんばるよー。今週終われば一息つけるし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。